プレスリリース 2010年4月12日 Last update 2010-04-05
 
 
Nano-JASMINEのメンバー

郷田 直輝
国立天文台JASMINE検討室教授。銀河の構造・形成・進化が専門。JASMINE/Nano-JASMINEプロジェクトのプロジェクトリーダー。
小林 行泰
国立天文台JASMINE検討室教授。赤外線天文学が専門。Nano-JASMINEではミッション部の総括責任者を務めるとともに、JASMINE/Nano-JASMINE計画で検出器、光学系の開発を行う。
辻本 拓司
国立天文台JASMINE検討室助教。Nano-JASMINEで拓けるサイエンス担当。JASMINE、Nano-JASMINEにおいて、国内外の天文学者との共同研究計画の立ち上げなどを行っている。
矢野 太平
国立天文台JASMINE検討室助教。アストロメトリ解析手法が専門分野。Nano-JASMINEの観測手法の検討、光学系設計を行う。星像中心を1/300で決定するための実証実験、JASMINE計画においては熱・構造の検討も行っている。
初鳥 陽一
国立天文台JASMINE検討室研究員。工学分野でReaction Wheelの研究などを行っていたが、Nano-JASMINEのミッション部開発メンバーとして国立天文台へ着任。望遠鏡とその周りのミッション部開発全般を行う。
丹羽 佳人
国立天文台JASMINE検討室共同研究員(2010年4月から東大研究員)。レーザー干渉計を用いた高精度距離測定が専門。装置の高精度測定や温度安定度実証実験を担当。
室岡 純平
東京大学大学院理学研究科天文学専攻の大学院生。Nano-JASMINEの検出器制御回路の開発を担当。
山田 良透
京都大学大学院理学研究科天体核研究室助教。JASMINE/Nano-JASMINEのシステムシミュレーションを行うソフトウエア(シミュレータ)を開発。Nano-JASMINEでは解析手法、データ解析、オンボードソフトウエア担当。また、JASMINEでは衛星設計支援・最適化手法を担当。
協力メンバー 

上田誠治、牛山孝夫、奥村晴彦、菅沼正洋、高遠徳尚、宮内良子、宮崎聡、山内雅裕

東京大学中須賀研の開発メンバー
こちら

| リンク規定 | 画像データ利用規定 |
Copyright (c) 2010 Nano-JASMINE team, NAOJ. All rights reserved.